珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

今日の映画 魔女の宅急便(宮崎駿/監督)

皆さん、こんにちは。私は初期のジブリ作品が好きで、暇な週末の時間にふと見ることが多いです。好きなのは「カリオストロの城」から「千と千尋の神隠し」まででしょうか。絵のタッチ、ストーリー、世界観、映画音楽、全てにおいてクオリティ高く、世界に誇れる作品が多いと思ってます(初期ね)。

今日の映画の紹介は「魔女の宅急便」(宮崎駿/監督)です。

 

 

 

今日の映画 魔女の宅急便宮崎駿/監督) 

魔女の宅急便 [Blu-ray]

魔女の宅急便 [Blu-ray]

  • 発売日: 2012/12/05
  • メディア: Blu-ray
 
  • オススメ度;★★★★★

  • リピート鑑賞;★★★★★

 

  • 作品概要 

  1. ジャンル;アニメ
  2. 監督;宮崎駿
  3. CAST;高山みなみ佐久間レイ戸田恵子山口勝平信沢三恵子、関弘子、加藤治子三浦浩一、他。
  4. 受賞;第13回日本アカデミー賞話題賞、受賞。
  5. トリビア;エンディング間近のシーンで人ごみの中に宮崎が登場している。これはパンフレットにも書かれている。よーく見ると、いるかな。

ファンも多いジブリアニメ、1989年の作品、魔女の少女の主人公の成長の物語。前半の旅立ちのシーン、ホウキに乗って飛んで、ラジオをつけるとユーミンの曲が流れるんですが、そこがいいんですよね。見たあとに優しい気持ちになれる作品です。
・恋愛まではいかない、男の子との出会いと、その後のなりゆきがキュンとします。
・働いて収入を得て生活をする事の難しさを学びます。
・助け合いって大事ですね、と感じさせてくれます。

 

  • あらすじ

のどかな田舎町に住むキキは、魔女の血を受け継ぐ13歳の女の子。「魔女として生きることを決意した少女は13歳の満月の夜に旅立ち、魔女のいないよその街を見つけて定住し1年間の修行期間を送るべし」という古くからのしきたりに従って旅立ち、海に囲まれたコリコの街に定住を決める。しかし、魔女の風習の残る田舎町と異なり、大都会である街の人々はどこかよそよそしく、キキはそんな人々の態度に戸惑いを隠せない。往来の激しい町中を飛んでいたため車と接触事故を起こしかけたキキは警官に職務質問されるが、彼女の姿に興味を示した地元の少年トンボが機転を利かせて付いた嘘に警官が騙されて姿を消した内に立ち去る。その後、トンボが馴れ馴れしい態度で話しかけてくることを不愉快に思ったキキはさっさとその場を飛び去った。

 

紅の豚 [Blu-ray]

紅の豚 [Blu-ray]

  • 発売日: 2013/07/17
  • メディア: Blu-ray
 

 

  •  こちらもおすすめ プロジェクター

 

 

newmoon13.hatenablog.jp

newmoon13.hatenablog.jp