珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

今日の漫画 父の暦

皆さん、こんにちは。

母の日に毎年、楽天で花とお菓子をプレゼントしてます。母と暮らす姉から聞いたのですが、送った花は、花が枯れた後に根を庭に植えて、翌年に花が咲いたようです。嬉しいですね、たまには帰郷したいですね、コロナには収まってほしいものです。
今日の漫画の紹介は「父の暦」です。

 

今日の漫画 父の暦

 

  

父の暦 (1) (ビッグコミックススペシャル)

父の暦 (1) (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者:谷口 ジロー
  • 発売日: 1994/11/30
  • メディア: ペーパーバック
 
  • オススメ度;★★★★★
  • 再読度;★★★★★

 

  • 作品概要

  1. ジャンル;漫画
  2. 著者;谷口ジロー 鳥取県出身。鳥取商業高校を卒業後に京都の繊維会社に就職したが、漫画家を目指して1966年に上京、石川球太のアシスタントとなり漫画の技術を学ぶ。1971年に「嗄れた部屋」(「週刊ヤングコミック」)でデビュー。その後、上村一夫のアシスタントを経て独立。以後、関川夏央漫画原作者と組み、青年向け漫画においてハードボイルドや動物もの、冒険、格闘、文芸、SFと多彩な分野の作品を手がける。
  3. 受賞;第37回小学館漫画賞審査員特別賞(犬を飼う)、第12回日本漫画か協会賞優秀賞(坊っちゃんの時代)、2011年フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ

 

  • あらすじ

父親の訃報をうけて、10数年ぶりに帰省することになった陽一。通夜のために帰省した陽一を故郷の人たちは温かく迎え、父の思い出を語る。少年期ゆえの父とのわだかまりが、縁者たちの通夜の語らいによって薄れ、故郷への想いが変化していく心情を描き出している。

  • おすすめ

ビッグコミックに1994年4月25日号から10月10日号まで連載、同年末に単行本として刊行された。谷口の故郷である鳥取県鳥取市を舞台とした初めての作品。父親と息子、親子の溝、田舎と都会、時間の流れ、丁寧に描き出した素晴らしい作品です。

  1. 父親が亡くなったときに、同じような事を経験しました。親の心子知らずでしょうか、父親の葬儀に際しての心情の変化を描いてます。

  2. 丁寧な絵とストーリー展開のせいか、漫画を読むというよりも、映画を見てる感じですね。

  3. 絵が丁寧に書き込まれています。ここまで精緻に丁寧に書かれた漫画は他に見当たらないです。

  

孤独のグルメ 2 (SPA!コミックス)

孤独のグルメ 2 (SPA!コミックス)

 

 

newmoon13.hatenablog.jp

newmoon13.hatenablog.jp