珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

今日の本 のぼうの城

皆さん、こんにちは。

 週末の金曜日は旦那が作る居酒屋メニューの日です。

今日は何にしようかと悩みつつ。

レンコンと大根のきんぴら、ホタルイカと菜の花のゴマ油炒め、あとは惣菜にしますか。

お酒が進みそうです。

今日の本のご紹介は「のぼうの城」です。

 

今日の本 のぼうの城

  • タイトル;のぼうの城
  • ジャンル;歴史小説
  • 著者;和田竜
  • 受賞;2009年第6回本屋大賞第2位。
  • 映像化;犬童一心樋口真嗣の共同監督で、2012年11月に公開された。TBS開局60周年記念作品。主演は野村萬斎興行収入28.4億円を記録するヒット作となり、第36回日本アカデミー賞で多数の優秀賞を受賞。
  • オススメ度;★★★★
  • 再読度;★★★★ 
  • リコメンド;攻める秀吉、守る成田長親のお話。普段は頼りなくてちょっと抜けてる殿様が、巨大な敵に反攻する、痛快な歴史小説です。歴史物が苦手な人でもサクサク楽しめますよ。野村萬斎主演の映画の原作にあります。
のぼうの城

のぼうの城

  • 作者:和田 竜
  • 発売日: 2007/11/28
  • メディア: 単行本
 
  • あらすじ;

舞台は周囲を湖に囲まれ、浮城とも呼ばれる忍城(おしじょう)。

領主は成田氏一門の成田長親は、領民から「でくのぼう」、略して「のぼう様」と呼ばれ、親しまれるお殿様でした。

天下統一目前の豊臣秀吉は、関東最大の勢力北条氏の小田原城を攻略を進行。

豊臣側に抵抗するべく、北条氏政は関東各地の城主に籠城に参加するよう通達。

忍城主の氏長は、北条氏に従うように見せかけるため、手勢の半数を引き連れて小田原籠城作戦に赴きつつ、裏では豊臣側への降伏を内通。

忍城を討ち、武功を立てよ」秀吉にそう命じられ、石田三成は大軍勢を率いて忍城に迫る。

軍使として遣わされた長束正家は、成田氏が既に降伏を決めていることを知りながら、戦を仕掛けるために傲慢な振る舞いをし、策略にはまった総大将・長親は「戦」を選択した。

氏長より降伏を知らされていた重臣たちは、初め混乱するが覚悟を決め、忍城籠城戦は幕を開けます。

 

  • 私的な読みどころ;

  1. 主人公のお殿様「のぼうさま」が人間味あふれるキャラクターです。農民に好かれ、側近からは軽くバカにされ、でもここ一番には腹をくくる覚悟をする、格好いいですね。

  2. どうみても負けそうな戦に挑む、主人公と側近の面々の団結する姿に、うるっとします。

  3. 敵将が石田三成なのですが、やっぱり幸が薄いのですかね。 

村上海賊の娘 上巻

村上海賊の娘 上巻

  • 作者:和田 竜
  • 発売日: 2013/10/22
  • メディア: 単行本
 
  • こちらもおすすめです ビーズクッション

 

郷土の美味しいお米のおすすめです

 

 

newmoon13.hatenablog.jp

newmoon13.hatenablog.jp

 


スポンサードリンク