珈琲時間

面白い小説、漫画、映画、音楽を紹介するブログです。

2022.07 今日の小説|暗幕のゲルニカ

皆さん、こんにちは。

この夏、クーラーのない部屋で扇風機だけで、夜、寝てます。最近、朝に暑くて目覚めることが多く、結果、睡眠時間が減少傾向です。涼しい畳の部屋で、畳のにおいを嗅ぎながら寝たいですね。

 

2022.07 今日の小説|暗幕のゲルニカ

 

 

 

 

  • オススメ度;★★★★
  • 再読度;★★★★

  • ピカソの名画をめぐるアートサスペンス小説

 

  • 作品概要

  1. ジャンル;アートサスペンス
  2. 著者;原田 マハ(はらだ まは、女性、1962年生まれ、東京都出身)。馬里邑美術館、伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館に勤務後、2002年にフリーのキュレーターとして独立。2003年にカルチャーライターとして執筆活動を開始し、2005年には共著で「ソウルジョブ」上梓。そして同年、「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞、特典として映画化される。mahaの名でケータイ小説も執筆する。キュレーターの経歴とも相まって、美術を題材とした作品が多い。
  3. 受賞;2012年「楽園のカンヴァス」で第25回山本周五郎賞受賞、第147回直木賞候補、第10回本屋大賞第3位。2017年「リーチ先生」で第36回新田次郎文学賞受賞。

 

  • あらすじ

ニューヨーク、国連本部。イラク攻撃を宣言する米国務長官の背後から、「ゲルニカ」のタペストリーが消えた。MoMAのキュレータ ー八神瑤子はピカソの名画を巡る陰謀に巻き込まれていく。故国スペイン内戦下に創造した衝撃作に、世紀の画家は何を託したか。ピカソの恋人で写真家のドラ・マールが生きた過去と、瑤子が生きる現代との交錯の中で辿り着く一つの真実。怒濤のアートサスペンス!

 

  • おすすめ

現代のニューヨーク、スペインと大戦前のパリが交錯する、知的スリルにあふれた長編小説。「楽園のカンヴァス」の続編にあたるのが「暗幕のゲルニカ」。物語の核はパブロ・ピカソの名画〈ゲルニカ〉。壮年のピカソが舞台の中央でスポットライトを浴びます。アートに隠されたメッセージがストーリーによって浮かび上がるさまが面白いですね。

 

  1. アートをテーマにする切り口がユニークで面白いです。
  2. ピカソの「いいや。この絵の作者はあんたたちだ。」がとても印象的です。
  3. ゲルニカ、いつかは見てみたいですね。アートは暴力に負けない、いつの時代も。

  

 

 

 

和食器のお店「13-Tableware」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

ilporto.base.shop

 

newmoon13.hatenablog.jp