珈琲時間

面白い小説、漫画、映画、音楽を紹介するブログです。

2022.06 今日の映画|マイ・プライベート・アイダホ

皆さん、こんにちは。

マンションの少し裏の畑のわきの掘っ立て小屋で野菜を売ってました。きゅうりだけなんですが、大きめのものが3本で¥100と安いのですが、ぽつんと置かれた貯金箱にお金を入れるシステムで不安を感じつつ買ってみました。無事に料金が回収されることを祈ります。

 

2022.06 今日の映画|マイ・プライベート・アイダホ

 

 

 

  •  お薦め;★★★
  • リピート鑑賞;★★★

 

  • 作品概要 

  1. ジャンル;青春映画
  2. 監督;ガス・ヴァン・サント
  3. CAST ;リヴァー・フェニックスキアヌ・リーブス、他。
  4. トリビア;男娼の役に抵抗の合ったリバー・フェニックス。監督のガス・ヴァン・サントのコンセプトと、仲の良かったキアヌ・リーブスとの共演も引き受けた理由のようです。

 

  • おすすめ

リヴァー・フェニックスキアヌ・リーブスが主演した青春ロードムービー。売春、同性愛、ドラッグ、近親相姦、ナルコレプシーといったショッキングな設定ながら、ストリートで暮らす若者達の痛み・切なさ・葛藤を詩的な映像美で表現。主演のふたり、若くてキレイです。

 

・リバーとキアヌの唯一の共演作。

・街並み、路地裏、まっすぐに伸びる道、コマ割りがカッコいいですね。

・若手二人の共演と、ガス・ヴァン・サントのセンスある映像を楽しむ作品です。ストーリーはそれほどここに響くものではないですかね。

 

  • あらすじ 

路上に立ち、男性に体を売って暮らしている青年マイク。緊張すると突然意識を失ってしまう奇病を持つ彼は、自分を捨てた行方不明の母親を捜すため、市長の息子で、同じく男娼のスコットとともに故郷アイダホへと向かう。同性愛、近親相姦、ドラッグといったショッキングな内容を、詩的な映像を駆使して描いたガス・バン・サント監督初期の傑作。

 

  • 監督紹介

ガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant, 1952年生まれ、アメリカ出身)。1985年に「マラノーチェ」で映画監督デビューを果たすと、1989年には「ドラッグストア・カウボーイ」をマット・ディロン主演で発表、全米各地の映画批評家協会賞やインディペンデント・スピリット賞といった映画賞を総嘗めする。1991年の「マイ・プライベート・アイダホ」では主演のリヴァー・フェニックスヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞。上記の3作は「ポートランド三部作」として知られており、自身にとっても原点的作品群となる。1990年代中頃からはハリウッドでも活動するようになり、1997年に公開されたマット・デイモンベン・アフレック主演・脚本の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」では初のアカデミー監督賞候補となり、作品はアカデミー脚本賞ロビン・ウィリアムズのアカデミー助演男優賞に輝いた。

 

あわせて観たい 「グッド・ウィル・ハンティング

 

 

和食器のお店「13-Tableware」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

ilporto.base.shop

 

newmoon13.hatenablog.jp