珈琲時間

面白い小説、漫画、映画、音楽を紹介するブログです。

2022.05 今日の映画|メメント

皆さん、こんにちは。

今年初めてエアコンの電源を入れました。除湿強めで部屋の中を快適にしてもらいました。気温の上昇と共に湿度も高くなってきましたね。今年も夏バテしそうだな。

 

2022.05 今日の映画|メメント

 

 

  •  お薦め;★★★★
  • リピート鑑賞;★★★★

 

  • 作品概要 

  1. ジャンル;アメリカ映画
  2. 監督;クリストファー・ノーラン
  3. CAST ;ガイ・ピアースキャリー=アン・モスジョー・パントリアーノ、他。
  4. トリビア;現在の映画界ではほとんどの監督がデジタルカメラで撮影しているが、彼はフィルムを使った撮影を行っている。2014年8月には、他の数人の映画監督と共に映画スタジオに働きかけ、フィルムメーカーのコダックから今後 一定量のフィルムを購入する契約を締結させたため、経営難だったコダックはフィルム製造の継続が可能になった。

 

  • おすすめ

数分前の記憶を忘れてしまう前向性健忘の男が妻殺しの犯人を追う、クリストファー・ノーラン監督が贈る異色サスペンス。クリストファー・ノーラン監督作品で出世作であり代表作の一つ。監督の弟であるジョナサン・ノーランが書いた短編「Memento Mori」が元になっている。アカデミー賞において脚本賞編集賞にノミネートされるなど、興行的にも批評的にも高く評価された。

 

・1度目の鑑賞ではイマイチ、話の筋が分からず。2度目で何となく分かり面白さが分かった作品。

・本来の出来事の順番とは逆(新しい順番)で話が進むので、ややこしいのですが、この発想が面白いです。

・まーまー難解です。なので時系列に整理しながら見ると、見終わった後のモヤモヤ感は少ないです。よく、こんな作品作ったなー。

 

  • あらすじ 

強盗犯に襲われて妻を失い、頭部を損傷し、約10分間しか記憶を保てない前向性健忘という記憶障害になったレナード。彼は、ポラロイド写真にメモを書き、体中にタトゥーを彫って記憶を繋ぎ止めながら、犯人を追う。実在するこの障害を持つ男を主人公に、時間を遡りながら出来事を描くという大胆な構成が話題を呼び、全米でインディペンデントでは異例のヒットを記録。

 

  • 監督紹介

クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan、1970年生まれ、イギリス出身 )。1998年、「フォロウィング」で長編映画の監督デビューを果たし、脚本、製作、撮影、編集を含む5役を担った。2001年には、弟のジョナサン・ノーランが書いた短編を基にした「メメント」を発表。低予算ながらも時系列を逆行した斬新なストーリーが全米の口コミで話題を呼び、興行的には異例の成功を収める。また、批評家からも激賞され、弟と共にアカデミー脚本賞にもノミネートされた。2002年の「インソムニア」では監督として雇われ、成功を再び収める。更には「バットマン」シリーズの監督に抜擢され、2005年公開の「バットマン ビギンズ」では期待に反し平凡な興行成績に留まるも、2008年公開の続編「ダークナイト」は公開6日で「バットマン ビギンズ」の興行収入を超えてシリーズ最大のヒットとなり、最終的に全米興行収入歴代2位、世界興行収入歴代4位を記録(全て公開時)。

 

あわせて観たい 「ダークナイト

 

和食器のお店「13-Tableware」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

ilporto.base.shop

 

newmoon13.hatenablog.jp