珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

2021.10 今日の小説|風の海 迷宮の岸

皆さん、こんにちは。

最近、どれだけ寝ても眠いのです。朝起きるのが辛く、起きるまでに数を数えて、大声出して踏ん切りつけないと起きれないのです。なので、つい、少しだけ昼寝をしてしまいます。昼寝ってどうして、あんなに気持ちいいんでしょうかね。すっきりして仕事もはかどります(たぶん)。

 

2021.10 今日の小説|風の海 迷宮の岸

 

 

  • オススメ度;★★★★

  • 再読度;★★★★

 

  • 作品概要

  1. ジャンル;ファンタジー
  2. 著者;小野不由美 大分県中津市出身、京都市在住。血液型はO型、夫は推理作家の綾辻行人。1988年、「バースデイ・イブは眠れない」で講談社X文庫ティーンズハートからデビュー。1989年、悪霊シリーズ第1作「悪霊がいっぱい!?」を発表。足掛け5年つづく人気シリーズとなり、後にコミック化、テレビアニメ化された。1992年、十二国記シリーズの第1作「月の影 影の海」を発表。著者の代表作となる。
  3. 受賞;2020年、第五回吉川英治文庫賞受賞(十二国シリーズで受賞)

 

  • あらすじ

神獣である麒麟が王を選び玉座に据える十二国。その一つ戴国麒麟の泰麒は、天地を揺るがす「蝕」で蓬莱に流され、人の子供として育った。十年の時を経て故国へ戻されるも、役割を理解できぬ麒麟の葛藤が始まる。我こそはと名乗りをあげる者達を前に、この国の運命を担うべき「王」を選ぶことはできるのだろうか。

 

  • おすすめ

王を選ぶ役割を果たせぬ少年の葛藤と成長の物語。10年の時を経て、故国へ戻された幼い麒麟は正しい「決断」を下せるのだろうか。自身の役目と存在に悩む少年の成長を描く。Episode0「魔性の子」の謎に迫る衝撃作、人気の十二国記シリーズの第三弾です。やっぱりこのシリーズは面白いのです。

 

  1. 本作の主人公「泰麒」が可愛というか、健気というか、頑張れと声をかけたくなります。
  2. このシリーズ全般に言えるのですが、ストーリーの次が気になり、ページをめくる手が止まらなくなり、結果、寝不足に陥ります。
  3. いつもながら、安定した独自の世界観、飽きさせないストーリーと、読んでいて面白い作品です。私は巻頭にある全体地図を見ながら位置関係を確認しながら、仮想の異世界の妄想を膨らませます。

  

 

  • 和食器のお店「13」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

f:id:newmoon13:20210925074824j:plain

和食器のお店「13」

 

ilporto.base.shop

 

newmoon13.hatenablog.jp