珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

2021.10 今日の音楽|Bobby Brown

皆さん、こんにちは。

最近、レモンサワーが流行りですね。我が家も妻との晩酌はビールからレモンサワーに変わりました。最近のレモンサワー、酸味がどんどん強くなりますね。その中でもEXILEが監修したレモンサワーが一番酸味が強いと感じます。酸っぱいもの好きな妻には大好評ですが、私は「すっぱ!」と言いながら飲んでます。今日はどこのレモンサワーを飲もうか。

 

2021.10 今日の音楽|Bobby Brown

 

 

  •   オススメ度;★★★★
  • よく聴きます度;★★★★

Don't Be Cruel」★、「My Prerogative」、「Roni」★、「Every Little Step」★、収録。

 

'86年にニュー・エディションを脱退しソロに転向したボビーの2ndアルバム。ベイビーフェイス&テディ・ライリーというプロデューサーを迎えて作成されたアルバムは大ヒットとなり、一躍スターダムに。1989年、6週連続全米No.1アルバム。

 

  • アーティスト概要

  1. ジャンル;ROCK
  2. プロフィール;ボビー・ブラウンBobby Brown、1969年生まれ、アメリカ出身)1983年にボーイズ・グループ、ニューエディションの一員としてデビューした。ニュー・エディションのリード・ボーカルはラルフ・トレスヴァントが務めていたため、ボビーはセカンド・リードというポジション。86年にボビーはグループから脱退し(後任としてジョニー・ギルが加入)、キャメオのラリー・ブラックモンらをプロデューサーに招き、「キング・オブ・ステージ」でソロ・デビュー。1988年に発売したアルバム「Don't Be Cruel」は、ビルボード・アルバム・チャート1位を記録する大ヒット。LA&ベビーフェイス、テディー・ライリーらをプロデューサーとして起用したこの作品は、世界中で累計1000万枚以上を売り上げ、プラチナ・レコードを記録するミリオンセラーとなった。

 

  • リコメンド 

80年代後半のディスコヒットといえばBobby Brownでしょうか。「Every Little Step」「My Prerogative」などが大ヒットし、アルバム自体も、世界中で累計1000万枚以上の大ヒットとなります。プロデューサーは、当時、勢いのあった「LA & Babyface」「Teddy Riley」ですね。アルバム「Don’t Be Cruel」は、この時代の美味しいサウンドに仕上がってます。

 

  • 代表的なアルバム    

 

 

  1. Don't Be Cruel   ★よく聴きます
  2. Dance!... Ya Know It!
  3. Bobby
  4. Forever
  5. King of Stage

 

  • 代表的なシングル 

 

 

  1. Every Little Step ★よく聴きます
  2. My Prerogative ★よく聴きます
  3. Roni ★よく聴きます
  4. Don't Be Cruel
  5. On Our Own

 

  • エピソード

ステップのみならず髪形やファッションもボビーのまねをするダンサーやその卵が急増し、“ボビ男”という呼び方が生まれたりもした、そうだったかなー。

 

  • あわせて観たい 「NEW JACK CITY

 

 

  • 和食器のお店「13」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

f:id:newmoon13:20210925074824j:plain

和食器のお店「13」

 

ilporto.base.shop

 

newmoon13.hatenablog.jp