珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

2021.09 今日の小説|光圀伝

皆さん、こんにちは。

二日行って休み、これは嬉しいですね、週の半分が休みだなんて素敵です。でも、休み前に片付けなければいけない仕事が盛り沢山になりがちですけれどね。休みは何しようか、サウナ行って整うか、足裏で悶絶するか、結局は子供と遊んで終わる気がします。

 

2021.09 今日の小説|光圀伝

 

 

 

  • オススメ度;★★★★

  • 再読度;★★★★

 

  • 作品概要

  1. ジャンル;歴史小説
  2. 作者紹介 ;(うぶかた とう、1977年生まれ、岐阜県出身)。小説家、脚本家、日本SF作家クラブ会員。1996年、早稲田大学在学中に「黒い季節」で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。「マルドゥック・スクランブル」で日本SF大賞、「天地明察」で吉川英治文学新人賞本屋大賞、などを受賞、第143回直木賞にノミネートされた。「光圀伝」で第3回山田風太郎賞受賞。

 

  • あらすじ

水戸徳川家初代藩主・徳川頼房の三男であるが、世子(世継ぎ)として水戸徳川家藩主となる。 ... 儒学者の林読耕斎と出会い、三男でありながら水戸徳川家の世子(世継ぎ)となったことによる、兄の竹丸に対する不義について悩んでいたことを自ら悟り、不義を儀に変える道を探る。 父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。血気盛んに暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩主となった若き“虎”は「大日本史」編纂という空前絶後の大事業に乗り出す。

 

  • おすすめ

冲方丁が「天地明察」に次いで放つ、大河エンタテインメント小説。何故この世に歴史が必要なのか。生涯を賭した「大日本史」の編纂という大事業。大切な者の命を奪ってまでも突き進まねばならなかった、孤高の虎・水戸光圀の生き様に迫る。ボリューム、内容ともに読み応えありの痛快歴史小説です。

 

  1. テレビの時代劇の黄門様とは全く違う人物が描かれていて驚きです。
  2. 義に生きる男の大河ロマンでしょうか。
  3. これは映画化されたら面白うそうな作品ですね。

  

 

  • 和食器のお店「13」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

f:id:newmoon13:20210925074824j:plain

和食器のお店「13」

 

ilporto.base.shop

 

newmoon13.hatenablog.jp