珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

2021.06 今日の小説|十二国記シリーズ 月の影 影の海

皆さん、こんにちは。

最近、暑いですね、アイスの季節です。暑くなると、仕事の合間にアイスを食べるのがルーチンになってます。最近はコンビニオリジナルのアイスも非常に美味しいです。私の故郷には「ババヘラアイス」という謎のジェラートが国道沿いの道端で売られています。久しぶりに「ババヘラアイス」食べたいな。

今日の漫画の紹介は「月の影 影の海」です。

 

 

2021.06 今日の小説|十二国記シリーズ 月の影 影の海

    

 

  • オススメ度;★★★★★
  • 再読度;★★★★★

 

  • 作品概要

  1. ジャンル;ファンタジー
  2. 受賞;第五回吉川英治文庫賞受賞。
  3. 映像化;NHK BS2衛星アニメ劇場枠内で、2002年4月9日から2003年8月30日にかけて放送された。原作そのままではなく、アニメオリジナルの部分もある。当初は全39話とされ、2003年3月に第2シリーズ(第40話以降)の放送が発表されたが、第45話で終了となった。

 

  • 作者紹介 

⼩野不由美、大分県中津生まれ。1988年ジュニア小説でデビュー。1991年刊行の『魔性の子』にはじまる「十二国記」シリーズは代表作となる。1993年、「東亰異聞」が日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼ぶ。2013年、「残穢」で山本周五郎賞受賞。その他、「ゴーストハント」シリーズ、「屍鬼」「黒祠の島」「鬼談百景」「営繕かるかや怪異譚」など、ファンタジー、ホラーのジャンルで活躍を続ける。

 

  • あらすじ

 

日本で生まれ育った普通の女子高生・中嶋陽子は寝る度に恐ろしい気配に追われ、日を追う毎にその距離が縮まっていくという怖い夢を見ていた。そんな陽子の前に、突如「ケイキ」と名乗る異装の男が現れる。ケイキは陽子を主と呼んで跪き、一方的に謎の盟約を迫る。突然の出来事に戸惑う陽子を異形の獣が襲撃、それを辛くも退けたケイキは、強引に陽子を月の影の向こうにある地図にない世界へと連れ去った。陽子はケイキから「決して剣と鞘を離さないように」と碧の玉が付いた鞘に収まった剣を渡され、「剣を振るえない」という陽子に自らのしもべの賓満・冗祐を憑依させ、陽子の意に反して陽子に襲い掛かる獣を体が勝手に動いて撃退するようにして彼女を異世界に送り出した。

 

  • おすすめ

「お捜し申し上げました」女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る男が現れ、跪く。そして海を潜り抜け、地図にない異界へと連れ去った。絶対、帰るんだ! 平凡な少女の人生は、異界で知る裏切りや戦いで一変。生への執着が迸る、シリーズ「本編」第一作。寝不足覚悟の異世界ファンタジーです。

 

  1. 主人公の女子高生が異世界に連れて行かれて、王になる壮大な物語。
  2. 独特な世界観、どうしたらこんな物語が書けるのか不思議です。
  3. 難しい漢字も多く、設定が独特なので最初は躊躇するのですが、人気シリーズの中でも本作は読みやすく、異世界での冒険を楽しめます。

  

 

 

 

 

 

 

newmoon13.hatenablog.jp

newmoon13.hatenablog.jp