珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

2021.06 今日の映画|シェフ

皆さん、こんにちは。

私は在宅勤務が主になってから、週末の金曜日に料理をするようになりました。簡単ですけど、2-3品、ワインなどお酒に合いそうな居酒屋メニューが主です。最近だと、ピザとアクアパッツァは定番、シュウマイは再チャレンジ、燻製は訳あってお休み中、ザーサイとミョウガの冷奴はヒット中です。料理って楽しいですね。

今日の映画の紹介は「シェフ」です。

 

2021.06 今日の映画|シェフ 

 

  • お薦め;★★★★

  • リピート鑑賞;★★★★

 

  • 作品概要 

 

  1. ジャンル;コメディドラマ
  2. 監督;ジョン・ファヴロー
  3. CAST;ジョン・ファヴローソフィア・ベルガラジョン・レグイザモスカーレット・ヨハンソンオリヴァー・プラット、ボビー・カナヴィエル、エムジェイ・アンソニー、ダスティ・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr、他。
  4. トリビア;ファブロー自身が影響を受けたの日本映画。「伊丹十三監督の「タンポポ」は僕に大きなインスピレーションを与えてくれた。新しくラーメン屋さんをオープンする男のストーリーを描いた映画だが、企業家精神や創作へのインスピレーションといった、もっと普遍的なことを教えてくれる作品だ」と明かした。

 

  • おすすめ

 

「アイアンマン」「アイアンマン2」のジョン・ファヴロー監督が、同シリーズの監督続投を断ってまで撮りたかった作品。見る者の心を満腹にする、ハートフルで爽快な作品。美味しそう、音楽もよし、観てほっこり、良作です。


バツイチ、子供あり、仕事もクビ、そんな残念なシェフがフードトラックを息子と始める、ロードームービー的な物語。

・息子、家族、友人との人間関係がほっこりと暖かいですね。
・ダスティ・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jrスカーレット・ヨハンソンって思いがけずに豪華な出演陣、しかも渋い役。

 

  • あらすじ 

 

ロサンゼルスの一流レストランで総料理長を務めるカールは、大物料理評論家の来店に自らの創作料理で挑もうとするが、堅物なオーナーはそれを良しとせずオーソドックスなメニューを出すよう指示し、カールはやむなく従う。しかし評論家からは冒険をしようとしない姿勢と料理を酷評されてしまう。カールは不慣れなtwitterでダイレクトメッセージのつもりで口汚く反論して炎上したうえ、再度来店した評論家に怒りを爆発させてしまう。レストランの客が事の一部始終を撮影した動画をYou Tubeに流され、拡散されたため、カールは店を解雇されます。失意のカールに同情した元妻イネズの提案で、彼は息子のパーシーを連れて故郷であるマイアミを訪れる。そこでカールは熱々のキューバサンドイッチの美味しさを知り、これをフードトラックで移動販売していくことを思いつく。

 

  • 監督紹介

 

19961年生まれ。アメリカのの俳優、映画監督、映画プロデューサー、脚本家。1993年に「ルディ/涙のウイニング・ラン」で映画デビュー。その後ロサンゼルスに移りテレビや映画に端役で出るが、初めての成功は自分の体験を下に脚本を書き、主演もした1996年の「スウィンガーズ」。その後、映画監督やプロデューサーとしても活躍している。2008年に監督した「アイアンマン」が大ヒットとなり、2010年公開の続編「アイアンマン2」の監督も務め、更に両作で主人公スタークの運転手ハッピー・ホーガン役で出演している。

 

  • あわせてみたい 「アイアンマン」

 

 

 

  

 

  • 和食器のお店「13」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

f:id:newmoon13:20210925074824j:plain

和食器のお店「13」

 

ilporto.base.shop