珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

2021.06 今日の漫画|ゴールデンカムイ

皆さん、こんにちは。

今日は金曜日なので、居酒屋メニューの日です。今日は、ザーサイとミョウガの冷奴、真鯛ととワラサの塩焼き、ジャガイモのアヒージョ風、かなー。たいして手がかかってないですが、冷えた白ワインにあうかな。

今日の漫画の紹介は「ゴールデンカムイ」です。

 

 

2021.06 今日の漫画|ゴールデンカムイ

   

 

  • オススメ度;★★★★★
  • 再読度;★★★★★

 

  • 作品概要

  1. ジャンル;サバイバル
  2. 受賞;2016年漫画大賞受賞。2018年手塚治虫文化賞漫画大賞受賞。
  3. 映像化;第一期が2018年4月より6月までTOKYO MXにて放送され、第二期が同年10月より12月まで放送された。第三期が2020年10月から12月まで放送された。

 

  • 作者紹介 

野田サトル、北海道出身。2003年、読切「恭子さんの凶という今日」でデビュー。2006年、読切「ゴーリーは前しか向かない」で第54回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞。2011年から2012年まで「週刊ヤングジャンプ」にて「スピナマラダ!」を連載。2014年から「週刊ヤングジャンプ」にて「ゴールデンカムイ」を連載中。

 

  • あらすじ

 

「不死身の杉元」と呼ばれた日露戦争の英雄・杉元佐一は、除隊後、一攫千金を狙って北海道で砂金採りに明け暮れていた。そんな折、杉元は現地で出会った中年男に、アイヌから奪われた埋蔵金の話を聞かされる。埋蔵金を奪った人物は網走監獄に収監中で、同房になった脱獄囚たちに埋蔵金の在り処を示す刺青を施したというのだ。埋蔵金の話をした中年男は、酔いが覚めるといきなり杉元を襲い、逃走した挙句にヒグマの餌食となった。その死体に彫られた奇妙な刺青を見た瞬間、杉元の血が騒ぐーーアイヌ埋蔵金は実在するッ! しかし、そこにヒグマが出現。杉元の身に危険が迫ったとき、何者かが放った矢がヒグマを倒す。杉元を救ったのは、ひとりのアイヌの少女。彼女に埋蔵金のことを明かす杉元だが、中年男を殺した凶暴なヒグマが、食いかけの死体を求めて戻ってきたのだ。これを倒した杉元の勇敢さを認めた少女は、彼の埋蔵金探しに協力することを約束。埋蔵金を奪った男に父親を殺されたというその少女は、名をアシリパと言った。

 

  • おすすめ

2016年に漫画大賞を受賞。歴史漫画でもあり、ギャグ漫画でもあり、冒険漫画でもあり、バトル漫画でもあり、グルメ漫画でもある。面白い要素が絶妙なバランスで調和したごった煮感が本作の一番の特徴と言えるでしょう。新刊が待ち遠しい!

 

  1. 登場人物のキャラが濃すぎますね。普通のキャラが少ないのではと思うぐらいです。
  2. 料理のシーンが必ずあるのですが、これが美味そうです。
  3. ハードな戦闘シーンもあるのですが、時折でてくるギャグのシーンが面白いのです。
  4. 作者の絵のタッチがが好きですね。

  

 

 

 

 

  • 手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

ilporto.base.shop