珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

2021.03 今日の小説|海炭市叙景(かいたんしじょけい)

皆さん、こんちは。

私は街歩きが好きです。隣駅との間をのんびりと気ままに、商店街をぶらついたり、小さな雑貨屋をのぞいたり、1-2時間位歩いたり、たまに自転車に乗ったりと、街探索してます。

北の街の生活を切り取った、生々しくて、静かで、心に染み込む短編集の紹介です。

 

 

2021.03 今日の小説|海炭市叙景(かいたんしじょけい)

 

  • 作品概要

  1. ジャンル;短編小説集
  2. 著者;佐藤泰志
  3. オススメ度;★★★
  4. 再読度;★★★ 
  5. リコメンド;映画化もされた短編集。北の海に海に囲まれた小さな街の、日常生活を切り取った物語。地方の生活が生み出す、素朴さとかやるせなさがヒリヒリと感じることができる、田舎生まれの私には胸がチクチクする作品です。
  6. 映像化;2010年映画化
  7. 監督;熊切和嘉
  8. CAST;谷村美月竹原ピストル加瀬亮、三浦誠己、山中崇南果歩小林薫
海炭市叙景 (小学館文庫)

海炭市叙景 (小学館文庫)

  • 作者:佐藤 泰志
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: 文庫
 
  •  作者プロフィール;
  • 作者名:佐藤 泰志(さとう やすし)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 北海道函館出身
  • 職業:小説家。「青春の記憶」で第4回有島青少年文芸賞優秀賞受賞、作家活動を始めます。しかし、自律神経失調症に悩まされます。発表した作品は幾つもの賞の候補にはなりますが、残念ながら受賞にはいたらず。1990年、国分寺市の自宅近くの植木畑で自殺。享年満41歳です、残念ですね。
  • 「君の鳥は唄える」、「そこのみにて光り輝く」、「黄金の服」などの作品を手がける。

 

  • あらすじ

海炭市で舞台にした人々の生活。

第1章 物語の始まった崖

  • まだ若い廃墟
  • 青い空の下
  • この海岸に
  • 裂けた爪
  • 一滴のあこがれ
  • 夜の中の夜
  • 週末
  • 裸足
  • ここにある半島

第2章 物語は何も語らず

  • まっとうな男
  • 大事なこと
  • ネコを抱いた婆さん
  • 夢みる力
  • 昴った夜
  • 黒い森
  • 衛生的生活
  • この日曜日
  • しずかな若者

 

  • 私的な読みどころ;
  1. 1話目から、その世界観というか寂しげな物語に引き込まれます。
  2. 地方都市でよくある光景、よくある話が繰り広げられます。
  3. 死後、評価の高まった作者の才能が垣間見れる作品です。

あわせてみたい 映画「海炭市叙景

海炭市叙景

海炭市叙景

  • 発売日: 2019/02/13
  • メディア: Prime Video
 

 あわせて聴きた 冬の寒い海岸を連想させる、静かでアコースティックな音楽

North Marine Drive

North Marine Drive

  • ベン・ワット
  • ロック
  • ¥1528

郷土のお酒 超辛口、旨い、コスパ高し ど辛 

 

  • 和食器のお店「13」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

f:id:newmoon13:20210925074824j:plain

和食器のお店「13」

 

ilporto.base.shop