珈琲時間

面白い小説、漫画、映画、音楽を紹介するブログです。

2021.02 今日の音楽|パープル・レイン

皆さん、こんにちは。

東京は良いお天気ですね、ベランダから富士山が見えます。妻がエステに行ったので、旦那は日差しを浴びながら、観葉植物の手入れです。作業のBGMはなぜか、プリンスです。こんなにいい天気で、陽の当たるベランダなのに、ねっとりとプリンスの代表的なアルバム「パープルレイン」を聴いてます。

 

 

  • タイトル;パープルレイン

  1. アーティスト;プリンス

  2. 代表曲;When Doves Cry(1位),Let's Go Crazy(1位),Purple Rain(2位),I would die 4 u(8位)

  3. 受賞;57回アカデミー賞 歌曲・編曲賞受賞。27回グラミー賞 最優秀映画・TV作曲賞受賞。

  4. ビルボードチャートアルバムNo1を24週、全世界で1500万枚のセールスを記録。

  5. ヒット曲満載プリンスの名盤

 

パープル・レイン

パープル・レイン

 

 

私はベストヒットUSA世代です。

深夜にこっそりと見ては、翌日はレンタルレコード屋で気になるアルバムを、せっせと借りてダビングしてました。

そんな私が、衝撃を受けたのがプリンスでした。

当時の少年少女達は、BOWY、ハウンドドッグ、レベッカ尾崎豊、サザン、に夢中です。

洋楽を好きだとしても、マイケルジャクソン、マドンナ、LAメタル/ハードロック系、UK系が好きな人が多かったでしょうか。

そんな中、なぜかプリンスにはまってしまったのです。

クラスでは完全にマイノリティです。

When Doves Cry の出だしのギターソロのかっこよさ、キャッチーなメロディで入り、その後に続くねっとりとした歌声が、衝撃でした。

Purple Rain は悲しげなバラードです。しっとりと歌い上げつつ、泣きのギターソロがたまらんのです。

以降、私はプリンスのアルバムを借りまくります。

  1. For You 1978

  2. Prince 1979

  3. Dirty MInd 1980

  4. Controversy 1981

  5. 1999 1982

成人してからも、レンタルしたり、購入したりと、今だに好きでよく聞くアーティストです。

作詞作曲、演奏、映画も作る、マルチな才能を発揮したプリンス。

天国に召されたのが早すぎたような気がします。

もっと、彼の才能溢れる曲が聴きたかったですね。

彼のようなアーティストは現れるのでしょうか。

 珈琲時間にぜひ。

 

  • あわせて聴きたい

 

4EVER

サイン・オブ・ザ・タイムズ:デラックス・エディション

 

 

  • 和食器のお店「13」〜手作りの和食器のよさ、青色の魅力「楢岡焼き」

f:id:newmoon13:20210925074824j:plain

和食器のお店「13」

 

ilporto.base.shop