珈琲時間

面白い小説、漫画、映画とお薦めの音楽を紹介するブログです。

今日の1冊 モンスター(漫画)

皆さん、こんにちは。

私は最近、妻に「いびきがうるさい」と言われるようになりました。

寝てしまった後の事なので、うるさいと言われてもなーと思いつつ、防止策を検索してみました。

その前に、いびきがひどいと、睡眠時無呼吸症候の疑いがあり、老化や脳に影響が大きいようです、怖いですね。

さて、防止策を検索してみた結果です。

  1. 痩せる
  2. 鼻腔を拡大するテープ、ノーズピン
  3. スプレー
  4. 飲み薬
  5. 鼻、喉のレーザー手術

私の場合、現在は緩やかなダイエット中、かつ、ノーズピンを使用しています。

ノーズピンとは鼻の穴にラバーで出来たキャップというかピンを差し込んで、鼻呼吸を楽にする商品です。

これで、少しは軽減されているようです。

鼻腔の奥が大体の人は曲がっていたり、出っ張りがあるようで、その曲がりと出っ張りをレーザー手術する方法もあるようですね。

私には怖くて、まだチャレンジできそうではないです。

 

今日の1冊 モンスター(漫画)

・タイトル;モンスター(単行本1-18巻)

・ジャンル;漫画

・著者;浦沢直樹

・受賞;第3回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞、第46回小学館漫画賞青年一般部門受賞。

・映像化;2004年、アニメ化、日本テレビで放送

・オススメ度;★★★★★

・再読度;★★★★★ 

・リコメンド;大人が夢中になる、読み応えのあるサスペンス漫画です。

漫画というよりも、ちょっとダークなサスペンス映画のようです。

 

 

●あらすじ;

舞台はドイツ、主人公は日本人脳外科医。

ある日、頭部を銃で打たれた子供が搬送され、主人公が執刀します。

その後、院内で殺害事件が発生、同時に子供とその妹が病院から失踪する。

数年後、主人公の前に成長した男の子が現れ、主人公の患者を射殺する。

この事件をきっかけに、殺人の濡れ衣を着せられた主人公、殺人鬼と化した男の子、主人公を追跡する警察、と逃亡劇/追走劇が繰り広げられます。

●私的な読みどころ;

  1. 主人公が幸が薄く、マイナスのオーラが漂っています。優しく腕のいい医者ですが世渡り下手で窮地にさらされます。
  2. 主人公の元婚約者の豹変と落ちぶれ具合が、男性的には響きます。怖い、意地悪、哀れ、でもちょっと可愛げがあるキャラクターです。
  3. 逃亡中に数々の出会いがるんのですが、その人たちが魅力的なんです。このサブキャラクターがグイグイと物語に絡んできます。

壮大なジェットコースター的な逃亡劇&追走劇ですね。

伏線も多く複雑、一度読んだだけでは、物語全体は完全に把握できないかもしれません。

私は、3-4回、読み返してやっと理解しました。

ホワイトボードで相関図を書きながら読みたいぐらいです。

とても面白いです、浦沢作品では私的にはNo1でしょうか。

 

珈琲時間に是非。

 

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

20世紀少年 コミック 全24巻完結セット (ビッグコミックス)